複合機のメリット・デメリットを考えると?

最近は、リサイクルショップなどが増え、リサイクルということばも、すっかりと生活に馴染んでいます。

そのようなことから、リサイクルショップで他人が使った中古品を購入することにも抵抗感がなくなってきています。

特に高額な消耗物品なら、中古品で間に合わせる場面も多くなりました。

現在、リサイクルで重宝されているのが、複合機の中古品購入。新品なら100万円以上するような商品が、10分の2程度の価格で購入することができます。

もっとも、デジタル家電やデジタル機器、パソコン周辺機器などは、めまぐるしく進化し、どんどん便利になっています。

その機器の進化とともに、新品に入れ替えるなどということは無理なことです。

また、次から次と新しい機器が世に出されるのですから、中古品として出回るまでのサイクルも短縮されてきています。

そのようなことから、中古品といっても、それほど古い機器ではなく良質な中古品を手に入れることができる訳です。

特に、複合機はひとつの機能に支障が出ると、全部の機能が使えなくなるという不便さも抱えています。

考え方はそれぞれ違いますが、そういう場合でも中古品なら、金額的にも入れ替えが容易だと思われます。

各メーカーから、さまざまな製品が発売されているため、用途や予算を考慮した上で購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ビジネスホンを導入してオフィスのコストを削減しよう

ビジネスホンでオフィスのコスト削減ナビ

皆さんは「ビジネスホン」という言葉をご存じでしょうか?
「ビジネスホン」とは、複数の電話回線(外線・内線)を、一台の電話機で共有するための電話装置制御システムの事で、主に複数の電話回線を持つオフィスでの利用を目的としています。

まず制御するための装置と、複数の端末から構成されており、ビジネスほんのシェアはNTTや日立など、各種国産メーカーのシェアが高くなっています。
家庭用電話では電話機1台につき1つしか電話番号を利用できませんが、ビジネスホンを導入すると電話機1台につき複数の電話番号を利用することが出来ます。

また、電話機の台数や回線を増設したり、オフィスの規模に応じて減らしたりする事が可能で、柔軟な運用とコストダウンへ繋げることが出来るのが大きなメリットと言えます。

主にコールセンターや相談窓口など、複数のオペレーターが在籍するオフィス・部署で利用されているようです。

ここまで読んで「うちもビジネスホンを導入したい!」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
でも導入方法や実際にどのくらいコストがかかるのか、不安ですよね。

ビジネスホンでしたら、下記のサイトが新規回線開設等ビジネスホンに関するサービスを提供していましたので、気になる方はご覧になってみて下さい。

→こちらのウェブサイト]

ビジネスホンの購入はまず中古から

ビジネスホンは相場を知ることが難しく、どのくらいのコストを負担すればいいのかが分かりにくいです。基本的にブランド価値の高いメーカーのビジネスホンは価格が高い傾向にありますが、それも販売店での尺度で決まり値段には大きな差ができます。扱っている業者を選ぶときに有料の業者ならそれなりの安さでビジネスホンを購入できますが、安全でない業者のビジネスホンならそれなりの出費を覚悟しないといけなくなります。

ビジネスホンは基本的に中古が人気です。価格が安いということ、相場価格が安定していること、中古でも長持ちするものが多いということがあります。ビジネスホンは設置する台数が多くなるほど価格が高くなるため、ビジネスホンを大量に必要とする会社にとっては新品での購入は現実的ではありません。それに比べると中古はそれなりの台数を購入してもコストを抑えることができて、すぐに使うこともできます。

ビジネスホンを選ぶときに慣れていないなら中古ので購入を考えてみたほうがいいでしょう。新品は選ぶことが難しいです。中古でも使えるビジネスホンはたくさんありますので、まずは中古のビジネスホンを購入し、ある程度コストに余裕が生まれたときに新品に買い替えていくといいでしょう。

© 2016 プログラム開発日記 -パソコン界のエースになるまで- - Plus WordPress theme by Dynamic Guru